ベランダの亀裂が原因の雨漏りには!~この防水工事が良い~

自宅のベランダに亀裂を発見!?防水工事はお早めに 自宅のベランダに亀裂を発見!?防水工事はお早めに

ベランダの亀裂を直してくれる防水工事

ベランダの亀裂が原因で雨漏りの恐れがある場合は、次の施工方法に依る防水工事がおすすめです。

どういった工事があるの?

どういった防水工事を行なってくれますか?
ベランダに亀裂がある場合は、「FRP防水」と「ウレタン防水」がおすすめです。この2つの施工方法は耐久性と価格面のバランスが良いため、多くの住宅で実施されています。FRPは繊維強化プラスチックのことです。ガラス繊維でできているので、船や車、屋根やバスタブ、プールなどでも利用されています。強い防水性があり、耐熱性と耐食性、耐候性にも優れています。ウレタン防水は、ウレタン塗料で塗膜を作る施工方法です。この方法では、継ぎ目のない綺麗な防水層を作ることができます。そのため、ベランダ以外にバルコニーやテラス、屋上など様々な場所で利用されています。また、重ね塗りで耐久性を高めることが可能です。

FRP防水工事過程

ゴミ取り、ケレン作業の後に下地処理を行ないます。塗料を付きやすくするプライマーという塗料を塗布します。更にその上に塗るのが専用下塗り塗料です。防水用樹脂塗料を塗布し、ガラスマットを敷き詰め、その上に再度塗料を塗ります。これで一層目の完了です。そして、再び同じ手順で二層目を作ります。ガラスマットはケバケバな部分が出やすいので、サンドペーパーなどでヤスリ掛けを行ない、トップコートを塗って完成です。

ウレタン防水工事の過程

ゴミ取り、ケレン作業の後に目地のシーリング充填を行ないます。次に塗布するのが、塗料を付きやすくするプライマーです。ウレタン防水材をコテやヘラでまんべんなく塗布して、補強剤を敷き再びウレタン防水剤で下塗りを行ないます。乾いたら再度ウレタン防水材で上塗りします。この後にトップコートを塗布して完成です。

TOPボタン