あまり予算を掛けずにベランダの防水工事を実施したい!

自宅のベランダに亀裂を発見!?防水工事はお早めに 自宅のベランダに亀裂を発見!?防水工事はお早めに

ベランダの防水工事を低予算で行ないたいという人必見!

ベランダの亀裂を直したい、早く防水工事を実施したいけれど、費用をあまり掛けたくないという人は少なくないでしょう。業者に依頼せずに、自分で行なうという手もあります。DIYが得意で、防水工事の知識が多少ある人であれば、試してみても良いかも知れません。

DIYで防水工事に必要なもの

  • DIYでベランダの防水工事をする際に必要になるものがいくつかあります。まずは、ベランダを綺麗に掃除するためのブラシ、バケツ、ホースが必要です。防水工事で使う塗料は、プライマー塗料、ウレタン塗料、トップコート塗料です。溶剤塗料を使う場合は、ゴーグルと溶剤用のマスク、手袋、作業着を準備しましょう。溶剤塗料は防水層の持ちが良いのでおすすめですが、臭いが発生するので近隣への配慮を忘れずに。予め、防水工事のために臭いが発生することを伝えるようにしましょう。

自分で行なう際の流れ

まずは、ベランダの掃除から行ないます。ブラシなどでゴミをしっかりと取り除きましょう。エアコンの室外機がある場合は、塗料が掛からないように養生することも忘れずに。水で洗浄した場合は、しっかりと乾かしましょう。乾いたところにプライマー塗料をローラーやハケで塗っていきます。プライマーが乾いたらウレタン塗料を分厚く塗ります。ローラーで塗っていくよりも、多めに取りコテで均一に広げていく方が簡単です。ウレタン塗料を乾かしたら、二層目を塗り、トップコートを塗ります。これで完成です。

自分でやったけれど、失敗?!その際は中小規模の業者に任せよう

自分でやってはみたものの、上手くできなかったということもあるでしょう。そのようなときは、信頼できる業者に仕上げをお願いすると良いです。大手の業者ではなく、中小規模の業者にお願いするのがコツです。大手は、実際の施工を中小規模の業者に委託していることが多いため、その分中間マージンが発生しています。中小規模の防水工事業者の方が料金は比較的安いので、利用する場合はそのようなところを選びましょう。

TOPボタン