亀裂が雨漏りを招く!~トラブル解決の防水工事~

自宅のベランダに亀裂を発見!?防水工事はお早めに 自宅のベランダに亀裂を発見!?防水工事はお早めに

ベランダに亀裂が起きたら防水工事~我が家をトラブルから守る~

近年地震や台風が頻繁に発生していて、建物の建築構造や強度に関心を寄せている人は多いでしょう。どんなに丈夫な自宅を建てても、年月と共に建物には劣化が起こってきます。ベランダなどに亀裂がある場合は、雨漏りを引き起こし建物の強度を更に低下させてしまいます。早めに防水工事を実施することが大事です。事前にしっかりと調べて、最適な施工方法を選びましょう。

ベランダの亀裂はそのままにしない

ベランダに亀裂ができています。工事をしておいた方が良いですか?
放っておくと亀裂は大きくなってしまうので、早めに補修しましょう。ベランダや外壁の耐用年数は、使用されている建材や周囲の環境によって異なります。亀裂は、下地に使われているモルタルなどの劣化が主な原因となり発生します。建設時にしっかりと防水工事を行なっていれば、多少の傷やひび割れには持ち堪えますが、やはり早めに補修と防水工事を実施した方が良いでしょう。

プロの業者に任せよう

防水工事はプロに任せた方が確実です。雨漏り修理はDIYで行なうよりも、防水工事業者に依頼することでかえって安く済むこともあります。また、亀裂など原因箇所を目視で特定できる場合であっても、建物内部の状態と侵入経路を詳しく調べる必要があります。なぜなら、雨漏りにより建材の腐朽が起こり、シロアリ被害も起こっているかも知れないからです。高所や難所の調査、補修、防水工事となると危険が伴います。屋根やベランダから転落する事故も起こっているため、プロの業者に任せた方が安心です。

ポイントを押さえた上で業者を利用しよう!

複数の業者と比較する
業者によって、防水工事の仕上がりと料金には差が出ます。施工時に使われる材料や作業担当者数に違いがあるからです。亀裂の補修や雨漏り対策の防水工事を業者に依頼する場合は、必ず複数の業者に見積もりを出してもらいましょう。建物の造りや状態によっても、最適な施工方法は異なります。それぞれの防水工事業者が得意としている施工方法を確認しながら料金を比較すれば、効果的に費用を抑えられるでしょう。
アフターフォローがあるかチェック
防水工事を丁寧に行なったとしても、再び問題が発生する恐れもあります。万が一を考えて、防水工事後も一定期間品質を保証している業者を選びましょう。
依頼者の目線で対応してくれるか
防水工事を行なっているのは、良い業者だけとは限りません。利用者のことをしっかりと考えている業者かどうか、判断するポイントがあります。営業担当車や電話窓口スタッフの対応を確認しましょう。不明な点に対する答えが分かりやすいか、サービスの案内が丁寧かといった点が判断基準になります。実績が豊富で利用者目線に立っている業者は、防水工事の仕上がりやアフターフォローがしっかりしているだけでなく、料金面でのバランスも良いです。

防水工事に掛かる費用相場

女性

多くの人に利用されている「FRP防水」の飛鷹相場は、1平方メートルあたりおよそ5000~8000円です。同じく人気の「ウレタン防水」は、1平方メートルあたりおよそ5000~7000円になります。共に5年程でメンテナンスが必要になります。

TOPボタン